壌塘ザムタン

中国名は壤塘 Rangtang / じょうとう、チベット名は ཛམ་ཐང་ / ザムタン中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州西部に位置する。壤塘県は1958年に設置されており、ザムタンとは「財神の住む地」を意味する。青海省斑馬ペマ、四川省色達セルタに接する奥深い山間地帯。馬爾康マルカムからの道路はかなり良くなったが阿壩アバからの道は相変わらず過酷なダートとなってる。アムド・ゴロク地方でもかなりディープなエリアとも言える。壤塘ザムタンの町の中心にはこれと言って見どころはないが、町の手前30kmの場所にある四基の塔が建つ曽克寺シリン・ガル・ゴンパ。中壤塘にある巨大複合僧院、壤塘大寺ザムタン・ゴンパ。文化大革命を生き抜いた大仏塔が建つ棒托寺バトン・ゴンパと、町の郊外には見どころは多い。

【海抜:3,285m】

★成都発壤塘ザムタン行きバス★
★壤塘ザムタン発成都行きバス★
★壤塘ザムタン発東チベット行きバス★

東チベット旅行倶楽部チャンネルより 

2013年2月 壤塘ザムタン マニ車廊のお母さんたち

中華人民共和国 四川省成都市武侯区臨江中路​6号

  • note

東チベット - 西チベット - チベット - カム - アムド - 九寨溝 - 黄龍 - 中国 - 四川省 - 成都 - セルタ - 色達 - ラルンガル・ゴンパ - パンダボランティア

Copyright©東チベット旅行倶楽部 All Rights Reserved.