耿達パンダ基地・ボランティア1日体験

▼子パンダツーショット撮影:休止中▼

耿達パンダ基地・ボランティア1日体験:耿達(Gengda/グンダー)パンダ基地(中国保護大熊猫研究中心耿達基地)は2008年四川大地震で完全に破壊された旧臥龍パンダ基地より約20キロを離れた耿達鎮に立地し、香港政府による援助で2016年5月にオープンしたばかりの、中国四川省の新しいパンダ基地です。成都市内から車で2~3時間ほど掛かる場所ではありますが、その分まだまだ観光客も少なく、比較的ボランティア参加がしやすいですし、他のパンダ基地に比べて色々な意味で自由度が高く穴場的場所でもあります。敷地面積は成都や都江堰のパンダ基地に比べて小さく小じんまりとした基地ですが、四川省にある各パンダ基地の中でも、パンダ本来の生息エリアにもっとも近いパンダ基地となります。耿達パンダ基地でのボランティア参加には、お客様が中国語を話せたとしてもガイドの同行が義務付けられており料金は少し割高となっています。お支払いは日本に居ながら日本円にて振り込み可能。面倒なボランティア申請もこちらで代行致します。

▼お問い合わせ&お申込み最下部▼
▼ボランティア1日体験概要▼
▼往復送迎場所変更可能▼
▼お問い合わせ&お申込み最下部▼
▼ボランティア体験申し込み方法▼
▼キャンセル返金について▼
▼注意事項▼

東チベット旅行倶楽部チャンネルより

パンダとツーショット写真撮影ってどんな感じなの?耿達編  

中華人民共和国 四川省成都市武侯区臨江中路​6号

東チベット - 西チベット - チベット - カム - アムド - 九寨溝 - 黄龍 - 中国 - 四川省 - 成都 - セルタ - 色達 - ラルンガル・ゴンパ - パンダボランティア

Copyright©東チベット旅行倶楽部 All Rights Reserved.